works/wk_warpingdef

< Warping Definition >


< Warping Definition >
    for Soprano saxophone, Computer and Picture

WarpingDef04
at Former Bank of Japan Hiroshima Branch

作品解説

 ソプラノ・サクソフォーン、コンピュータと映像のための作品
 2台のコンピュータで、音声と映像の処理を分担させています。
 音声用コンピュータは、音声処理の他にも、アクチュエータのコントロールを行います。また、シーンによっては、8チャンネル音響の音の定位と映像をマウスで移動せる手法を用いています。
 サクソフォーン奏者が会場内を移動するパフォーマンスを含む複合表現作品です。
 殆どの音響はライブ上にて生成されるか、乱数で生成されており、ライブ感を重視した作品として制作されています。

Soprano Saxophone : Kazuya KATOU
Aug.17.2019, Megishima (Takamatsu)
Aug.24/25.2019, Former Bank of Japan Hiroshima Branch (Hiroshima)

譜面解説

< Instrumentation >
Soprano Saxophone in Bb

Audio


< サンプル音源 >

Warping Definition sample 1
Warping Definition sample 2
Warping Definition sample 3
Warping Definition sample 4

上演用資料

< 譜面 >
Score is enabled.
WarpingDefinitionSheet
< 機材等 >

上演には、下記のソフトウェア・ハードウェアが必要となります。

Software :
  Warping Definition for 8ch Audio (MaxMSP)
  Warping Definition for Video (Processing)
WarpingDefinitionWin

Hardware :
  Computer x2
  Audio interface x1 (8ch)
  DMX interface x1
  Microphone x1 (wireless)
  Speaker(include amp.) x8
  Projector x1
  Solenoid(Panasonic) x12
  Dimmer x3
  Network hub x1
Return to top of this page.